PATISSERIE Liante について

Lianteというフランス語には「親しみのある、社交的な」という意味があります。
大好きな人たちと楽しくおしゃべりをする、笑顔がいっぱいの場所に似合うケーキを作りたい。
そんな気持ちから生まれましたのが、PATISSERIE  Lianteです。

◆パティシエール◆

三田文子(Fumiko Sanda)

「大好きなお菓子づくりを本業にしたい」と長年務めた企業を辞め、思い切ってお菓子の世界に飛び込みました。
製菓学校に通いながら洋菓子店で製造技術等を学んだ後、焼き菓子を中心に注文販売を始め、2009年12月12日に
「PATISSERIE Liante(パティスリー リアント)」を地元にオープン。
多くの方々に長く愛され続ける気さくなケーキショップを目指し、フランス菓子を中心に季節感のあるケーキ作りに励んでいます。

 

◆素材へのこだわり◆

パティスリーリアントのお菓子は、旬のものを美味しく召し上がっていただきたいとの思いから、季節感のあるお菓子を作っております。                                             また、素材についてもこだわりを持って使用しております。                                                                                                               例えば、アーモンドプードル については、スペイン産のマルコナ種  アメリカ産   のものを作る商品によって種類や割合を変えて使用しております。                                                                                  は那須の広大な土地で放し飼いで育てられたニワトリの卵  「那須の究極卵」 を使用し、卵の濃厚な美味しさを生かしたお菓子を作っております。                                                                             生クリーム  は  純乳脂肪のフレッシュなクリーム  を使用しており、商品によって乳脂肪の%(パーセンテージ)を変えています。                                                                     これからも美味しいお菓子を作っていくために、様々な素材を研究し常に美味しさを追求していきたいと思っております。